PoEスイッチ試して!使って!キャンペーンのお知らせ

PoEスイッチ試して!使って!キャンペーンのお知らせ

FXC株式会社は2024年6月3日よりキャンペーンを開始します。

FXCでは装いも新たに「PoEスイッチ試して!使って!キャンペーン」を始めておりますので、ぜひご検討いただきたくご案内させていただきます。

これからキャンペーン対象製品の話を始めていきますが、キャンペーンページはこちらですので、お急ぎの方はぜひご参照ください。

まずキャンペーン概要です。

お客さまへの感謝の気持ちを込めて2024年6月3日(月)より、「PoEスイッチ試して!使って!キャンペーン」にて、PoEスイッチを特別プライスでご提供いたします。
ハイエンドからローエンドまでご使用いただける、弊社のそれぞれ異なるグレードのPoEスイッチソリューションから、お客様にお試しいただきたいポート数が同グレードのPoEスイッチ3製品が対象となっております。「次世代の接続」も実感できるハイグレード機器も含まれております。

 

[FXCX5512PE]

全ポート10G及びマルチギガビット対応。次世代アクセスポイントのみならず、
高速大容量通信を支えるフラッグシップPoE++アクセススイッチ。100M/1G/2.5G/5G/10G×8、1G/10G SFP+を4スロット搭載しています。


レイヤ2+というカテゴリのスイッチですので、セキュリティ機能とスイッチング機能を中程度備えているとご理解いただけたらと思いますが、とくにこのスイッチはマルチギガ対応で既存のケーブルが利用できるため、学校・オフィス・工場と様々な施設でケーブル変更のコストや手間をかけずにLANの高速化を実現します。10GのPoE++スイッチとなればサーバーセグメントでも活躍が見込めます。このキャンペーン価格は破格です。

さらにPoE++対応(1ポートあたり最大60Wまで)で高画質IPカメラ・WiFi6といった高速ネットワークかつ高消費電力 の製品への接続にも最適です。

非常に幅広い需要にお応えするスイッチです。この製品は定価から約29%のディスカウントになります。

[FXC5218PE]

PoE大容量給電可能。接続するPD機器のトラブルは“PoEオートチェッキング機能”でスマートに解決する利便性が高い管理機能付きスイッチ。10/100/1000M RJ45(PoE+) ×16 と 100/1000Mbps(SFP) ×2スロット搭載しています。

UTP 1~16ポートは、IEEE802.3af/at規格に 準拠したPoE給電機能を搭載し、最大1ポート当り 30W(合計220W)までの電源供給が可能です。

PoEオートチェッキング機能やWebGUI管理画面を搭載している点では、高性能でコストパフォーマンスの良いスイッチと言えるかと思います。この製品は定価から31%のディスカウントです。


[NS2020VPEL]

シンプル機能に絞り低価格を実現。20ポート対応で余裕のあるネットワーク構成を実現可能なL2ノンマネージドスイッチ。10/100/1000M RJ45(PoE+)×16、 RJ45/SFP(Combo)×4スロット搭載しています。

様々な装置をつなぐ集線装置としてのスイッチとして、リーズナブルな価格帯の製品です。基本的なVLANは切れますし、QoSも持っていて、PoEスイッチですのでネットワークカメラや無線APにつなぐ装置として最適です。オフィスはもちろん、自治体や学校、医療機関等でも大活躍のレイヤ2PoEスイッチです。
ぜひご検討いただきたい製品です。この製品は定価から約15%のディスカウントです。


今回のキャンペーン製品は、弊社営業にご連絡いただければ迅速にお手配いたしますが、よりお手軽にご購入いただけるFXC Amazonストア】、【FXCダイレクトショップもご利用ください。よろしくお願いいたします。

 

ブログに戻る
1 3